Nobuya In Aomori Prefecture(暢也 イン 青森県)

こんにちは。小堀暢也本人です。
7月28日〜 ライブと今後のPR活動の仕事で青森県に来ています。

黒崎祇園祭りのライブの後に青森のねぶた祭りの時期にライブ活動に行き、僕はずっとテンション上がりっぱなしです。
…いきなり出発の時、飛行機が飛ばなくなるというハプニング発生から始まりました…
それでもその日、意地でも途中まで新幹線で行き、名古屋の小牧空港から青森空港に無事到着しました。

弘前市に着いてからライブがある日はそれに集中し、ライブがない日は地元の方々との交流や情報収集に努めています。

明日13日 今回のツアー上最後の日となるコンサートです。
8月13日(土) 14:00~15:00 弘前市百石町展示館

どのくらいの人数の方が来られるか分かりませんが、最後の日なので、なるべく多くの観客席の方々の生ピアノテーマ曲を即興演奏で作ってみようと思っています。

※依頼ではないので、僕の意思で作る曲に関してはその後その曲がオーダーへと変わらない限り、原則お金をいただいていません。

今回青森に来て本当によかった。自分にとって必要な心構えを多くの方々に教えていただきました。最低でも今後の音楽の想いと活動方針をアピールできれば十分かと思っていましたが、予想外に反響があって驚いています。音楽を仕事にしてよかったと思える瞬間が何度もありました。

今月15日に一度北九州に帰ります。そして再び弘前市に戻ってくる予定です。地元の北九州市や他の所ももちろんそれぞれ良さがあり、良い街です。ここはさらに僕の音楽の想いが活動を通して伝わりやすく、音楽に対してとても充実した環境です。僕が生まれた場所でもありますが、ここには何か大きな可能性を感じます。
最初はどうやって活動をすれば喜ばれるのか手探り状態でしたが、地元の方々との交流がきっかけで、音楽の仕事に対する想いを出し、それに結果が伴えば良い評価と収益につながる事が分かりました。ライブ活動のきっかけ作りをしていただいた事に心より感謝申し上げます。言葉ではうまく表現できませんが、いつも何かに、誰かに、守られていると思って、それを忘れずに活動を続けていきたいと思います。

imageimageimage猿賀公園

Follow me!