My senses

気づき

When I jog on nearby Onga-river, every times I notice good things that I come to my senses from around me.
I’m jogging for my swear. My swear is working for finding “the advantage” of all around people.
I’m able to think about my work slowly on the run, then I think this is like my homework.
And, always I hit upon the good ideas with my sights on jogging.
And therefore, I’m able to have a confidence for my one aiming.
To tell the truth, I should make a right effort into myself.It is establishing the workspaces that every people over the world can work to belong with our favorite jobs.
For example, musicians, painters, artists, photographers, cameramen, and so on…Now, I’m planning that these jobs never called especially.
I think nowadays almost we start to agree with the job’s variations and difference each other.
And in addition, I’m imagining these jobs are called the normally stable jobs in the future.
And I should change myself, I feel should have a sincerely.
Then I feel should be begging for my every fans and partners with thankful without peremptory.
Past days, on the one of societies, I can’t speak from my heart because I had no confidence with myself at that time.
But I think nowadays societies improved by every people opinions.
Therefore, I can speak my beliefs and I feel should speak to ask someone for guidance.
I’m not having a talent as musicians but at least I’m having a imagination force living enjoyable with my fans and job’s partners.
I recognize that always this writing blog is too difficult.
Then,thank you for your reading till finising.

【日本語訳】
私が遠賀川(おんががわ)の近くでジョギングをする時、毎回私の周囲には良い事があると気づかされます。
私は自分の誓いのためにジョギングをしています。私自身の誓いとは多くの人の「強み」を見つけることです。
走っている最中にゆっくりと仕事について考えられるため、私はこれを宿題のようにとらえています。
そして、いつもジョギング中に良いアイデアがひらめきます。

それゆえ、私のひとつの目標に対して自信がついてきます。
本当のことを言えば、私は私自身、正しい努力をするべきだと思います。それはあらゆる世界中の人々が自分たちの好きな仕事につくことができる職場を設立することです。
例えば、音楽家、絵描き、芸術家、写真家、動画撮影カメラマン、などなど…今、私はそれらの仕事が決して特別ではないものと呼ばれるための計画を立てています。
私は今日、私たちのほとんどがお互いに仕事の種類や違いを認め合うようになってきたと思います。
私はそれに加えて、それらの仕事が普通に安定した収益の仕事と呼ばれることを想像しています。
それで私は自分を変えるべきだと思い、私が誠意を持つべきだと感じます。
それから、私は自分のファンや仕事仲間に対しては感謝の念を持ち、決して威圧しないようにお願いしていかないといけないと感じています。
過去に、あるひとつの社会で、私は自分にその当時まったく自信がなかったので本心を開かすことができませんでした。
ただし、今の社会はあらゆる人々の意見によって改善されていると思います。
それゆえ、私は自分の信念を語ることができ、また誰かに思いを伝えるべきだと感じています。
私自身音楽家としての才能を持ち合わせていませんが、最低限私はファンやサポーターと共に生きることを楽しめる想像力は持ち合わせています。

このブログの記事はとても難しすぎるものだと認識しています。
それゆえ最後までお読みいただきありがとうございます。

Follow me!