I’ll rely on also others.

他の人にも頼ります

Hi, I’m Nobuya Kobori.

I took a photo by iPhone yesterday in the morning . To tell the truth, my age is near 40. I feel myself my face as a childishness man. It’s too shyly…

Then, I’m always searching the hidden talented musicians all over the world. And I begging them relationship supporting each other. If they’re not agree with  my thoughts and relying as works , it’s mustn’t to use force. But if my plans are understood them, I hope that we’ll be able to contact.

My music works are not taking the ways depending on marketing or something to especially organizations.
On the other hand, we are relying on our directly fans and supporters.
Therefore, I plan we can create and enjoy our music with all our fans and supporters.

I’ll write my plans in this blog sometimes.

Almost my composing music is not having the neighboring rights. And I shouldn’t take using payments  like as Creative Commons as possible.Of course, I’m sometimes contacting with the lawyers, and we always be prepared for if it comes to crunch.But I can’t think the best thing that all the times  I have to occupy my all rights for only myself. Therefore, you haven’t to be mind using , recording or playing my composing music if it’s not illegal and show my name “Nobuya Kobori” in the credits.
I recognize that I always write difficulty letters.
Then, thank you for your reading till the finish.

【日本語訳】
私がアイフォンで昨日の朝撮影した写真です。実を言うと、私は40歳近い年齢です。自分で自分の顔が幼そうにみえると感じます。とっても恥ずかしい…

さて、私はいつも世界中で隠れた才能を持った音楽家を探しています。それで私はお互いに支えられる関係を築いていきたいと懇願しています。もし彼らが私の考えや仕事としての依頼二賛同できない場合、それは無理をする関係にすべきではないでしょう。しかし、もし私のプランが彼らに理解された場合、私はお互いコンタクトをとれることを望みます。

私の音楽はマーケティングまたは何かの特定の組織に頼る方法をとりません。
私たちは直接自分のファンや支援者に頼っていきます。
それゆえ、私は全てのファンや支援者の方々と一緒に私たちの音楽を制作し楽しむことができるわけです。

時々私は自分のプランをこのブログで公開していきます。

ほとんどの私が作っている音楽は著作隣接権がありません。むしろ、私は自分の作品はできる限りクリエイティブコモンズという形で著作使用権を取るべきではないと思います。もちろん、私は時折弁護士の方々には相談することがございますし、いざという時にも備えがあります。しかしながら私は自分の権利をいかなる場合においても自分のためだけに独占するのはかんがえられません。それゆえ、あなたが法に触れないようにしていただき、またクレジットに私の名前「小堀暢也(こぼりのぶや)」という名前を表記していただければ、私の制作した音楽を使用したり録音したり演奏したりすることは気にすることはございません。

いつも難解な文章だとは思います。

それゆえ最後までお読みいただきありがとうございます。

Follow me!