自分をいたわってみました

今月の前半、ずっと心身に負担がかかっていたので、さすがに今日は朝からほとんど動けず、ストレスケアも含めてカイロプラクティックに行って治療をしたり、休むことと誰かと話してリラックスすることと寝ることを中心に過ごしています。
1週間のうちに1日は休まないと自分の身体に負担がのしかかってくるのが自覚しています。
どうも最近は前半に無理を押して仕事をしていたため、自律神経のバランスが崩れているようです。
音楽制作では、1週間に1日の休日、それも無理なストレスを溜め込まないためのリラックスする休日が必要だと感じます。

スケジュール管理を詰めすぎておりました。ラジオ番組のスポンサーの件での悩みが大きいです。
現時点でファンの方のお陰で、ギリギリ番組の放送枠の支払いの元が取れるぐらいですみましたが、最初はさすがにスポンサー枠の話はよっぽど親しくないとできないことなので、いくら企業の代表の方であっても、周囲の人には一部の人を除いて遠慮しておりました。
ゲスト出演は来月10月分は埋まりました。来月に入ってもし11月の分のゲスト出演が空白の場合、芸術の話を中心に行う予定です。

とにかく何かを始める時は僕が言った覚えのない誹謗中傷が多いので、あまり言うべきではないのですが、その時の僕は人というものが一瞬信じられない状態でありました。そのことがショックで無理矢理忘れようとあらゆる仕事を詰めすぎていました。ファンの方たちが本当に応援をしていることを知ってからファンのみなさんの優しさを無駄にしてはいけないと省みました。ご心配をおかけして申し訳ございませんでした。
逆に人というものは余裕がある時、成功する時にこそ、周りの人のお陰で自分が成り立っていると思います。その時こそ、本当に自分の本質というものの真価が問われると肝に銘じなければなりませんね…

最後に…特に誰という指摘ではなく、この頃僕が切に願うことです。
自分が周りから理解されない。報われないと思った時に感じて欲しいことです。
よくいる、人並み以上に働いてる人は自然と応援されるものです。
しかし、その真面目な本人が自分が周りから応援されていることを無視して周りの人の応援に対して、「使えない」「教えたとおりに動かない」と非難する人も多いと感じます。
僕だってそうです。僕もしばしば周りの人に気遣いを受けているのに、自分中心に考えてついつい、なんでできないんだ?なんでやらないんだ?と周りの人に思うこともありました。過去に実際に言って、ある人に本気で怒られて気がつきました。「あ!僕は他人の気遣いを無視して、今までの自分の努力や成果は自分の能力や手柄と考えていたんだな…」
悪いことは言わない。
そんな状態の人は、一旦立ち止まって、周りの人の気遣いを感じて欲しい。
周りの人のせいではない。自分のせいでもない。
それでも悪いと思ったら謝ればいい。また日頃さりげなく感謝の意を言える人とは割と人間関係を築けやすい。
僕が一番好きな人間関係は、お互いに気を使うのを当たり前だと思いあえる人間関係です。
それはたとえ家庭であっても、職場であっても、学校であっても、同じことだと思います。
気を使わない人は、家族ですら見放すのは、本人がいくら生き生きしていても周りの人が冷ややかな目で本人を見ていたりするもの…人間関係の崩壊は目に見えてわかる。
どんな関係もその人の尊厳を無視してはいけない。その人にも心がある。決してバカにできない。
僕は自分自身、周りの人から学ぶくらいの気持ちが必要と感じます。
相手から学ぼうとすれば、ほとんどの人はそれを察して、相手も自分から学ぼうとすることに気がつきました。
僕のような実際に中途半端な年長者にはありがちですが、人に教えるなんてとんでもない…
むしろ立場を越えて周りの人から学ぶ方が楽しいです。
長い文ですが、お互い様の精神で人間関係を保っていけたら、その人間関係は良好だと思います。
という長い文の独り言でした!ありがとうございます!
おやすみなさい💤

Follow me!

Listen to Nobuya's Music

Nobuya Kobori Music Site
https://artsong.jp/listen-music/

Copyright (c) Office ArtSong, All Rights reserved.