福島県の方々に感謝する

Today, I went to see Lawyer Toshiyuki Saito’s Photo exhibition.
There are “Okagaki Sanly Ai“‘s Exhibition Corner, and Term is till 6th April.
He’s from Fukushima Prefecture.
Every Year, he hold Photo exhibitions of Fukushima’s places full of nature.
Excuse me I must’nt took a Photo Exhibition’s Photo, but I beg a favor of your coming there, please.

Every times, I should continue to realize for myself, “Firstly, I thank for Fukushima.”
Rather, I should not think for me toward earthquake victims the words like saying them like “We SUPPORT them” and “We ACCEPT them”.

When I see the PHOTOs,  I always come to senses that he’s thoughts and memories for the native shore.
Realistically, we’ll not be able to look the landscapes of these photos until so long terms.

I should not think for myself that only I was moved easily Nature’s Beauty from these photos.
I should be felt from this PHOTO’s exhibition that Fukushima’s People Thoughts, “We all must not do same result in tragedy”.

I’m thankful for Mr.Saito all the time. And Kind Regards.

【日本語訳】
今日斉藤利幸先生の写真展に伺っていました。

岡垣サンリーアイの展示コーナーにて4月6日まで展示されています。
先生のご出身は福島県です。
毎年福島県の自然豊かな風景写真を展示していただいています。
写真展の展示物をブログでお見せするわけにはいかないので、お近くの方はぜひ直接見ていただけるようにご足労願います。

毎回、私は自分自身に「まず最初に福島に感謝する」ことを問い続けないといけないと思います。
むしろ、私は「応援する」「受け入れる」という発想になること自体が、被災地の方々に失礼だと思い始めました。

写真を見るといつも先生の思いが伝わってきます。
現実的に、写真の風景を再び見ることができるには、とてつもなく年月がかかります。

私はただ単に写真から自然の美しさに感動するだけではダメだと思います。
福島の方々が「同じ悲劇を繰り返さないでほしい」という気持ちを考えていかないといけないと思います。

斎藤先生、ありがとうございます。これからもよろしくお願い申し上げます。

Follow me!